パソコンショートカットキーをあなたも使いませんか。効率的です。

EditMenu01

編集メニュー

今回の作業効率アップの操作方法は編集メニューについてです。
このショートカットキーは使用されている方も多くおられるでしょうが、
基本の基本のショートカットなので説明しておきますね。

貴方はwordやメモ帳、メールなどで文書を書くことは当然ありますね?

入力途中や、読み直して、入力ミスに気づいたり、
文字列や、文を入れ替えたい時ってありませんか?

また、文書作成を効率よくやりたいですね。

その時、どうしています?

[del]キーや、[Bs]キーで1文字ずつ削除して、再入力をしているんですか?
そんな事はないですよね?

1文字だけの間違いであれば、削除して、入力し直せばよいのですが、
複数の文字からなる文字列や、文や段落を入れ替えるとなると大変です。

また、文書作成中に、同じか、または一部だけ異なる文字列を
何度も入力することってありますね?

この様なときには、対象とする、文字列や文などを範囲選択して、
編集メニューの[コピー]や、[切り取り]、[貼り付け]を
利用されていることと思います。

このためのショートカットキーです。

  • コピー:  [Ctrl] + [c]
  • 切り取り: [Ctrl] + [x]
  • 貼り付け: [Ctrl] + [v]

ついでに、

  • 全て選択: [Ctrl] + [a]
  • 元に戻す: [Ctrl] + [z]

#実はこの文書を書いているときにも、コピーと貼り付けを
利用したんですよ。

  • その方法は、
  1. "・コピー: [Ctrl] + []" を入力します。
  2. ": [Ctrl] + []" の部分を範囲選択して、
    [Ctrl] + [c]でコピーをします。
  3. 範囲選択を解除し、"[]"内に"c"を挿入します。
  4. "・切り取り" と入力して、[Ctrl] + [v]で、": [Ctrl] + []"を
    貼り付けます。
  5. 1文字分カーソルを戻して、"x"を入力します。

これの繰り返しです。

この様にすることにより文字入力の効率アップが図れましたね。

  • コピー:  [Ctrl] + [c]、
  • 切り取り: [Ctrl] + [x]、
  • 貼り付け: [Ctrl] + [v]、

コピーの[Ctrl] + [c]の"C"はなんとなく、分かるので覚えられるけれど、
切り取り"X"や、貼り付け"V"はどうして覚えようかな?
なんて、思っている人もいる事でしょうね。

使っている内に覚えられるものなんですけれどね・・・。

切り取りの"X"は何となくハサミに似ていますね。
貼り付けの"V"は細かい者を貼るときのピンセットの形に似てませんか?
または、「ベタッと貼る」"V"だなんて云っている人もいます。

例でも使いましたが、文字列の範囲選択方法について説明します。
マウスであれば、左ボタンを押しながら、文字列をなぞっている方法です。

  1. 範囲選択する文字列の先頭に[上・下・左・右カーソル]キーで、
    文字カーソルを移動します。
    (マウスカーソルと区別するために、キャレットと呼ぶ場合もあるようです。)
  2. [Shift]キーを押しながら、[右カーソル]キーを押していくと
    順番に文字列が反転して行き、選択されます。

これ以外にも、つぎの操作を試みて、
範囲選択の快適な操作方法をものにしてくださいね。

  • 文字カーソルを文書の適当な中程に移動しておいて、
  • [Shift] + [End]
  • [Shift] + [Home]
  • [Shift] + [下カーソル]
  • [Shift] + [上カーソル]
  • [Shift] + [Ctrl] + [Home]
  • [Shift] + [Ctrl] + [End]

いかがでしたか?
結果がすぐに表示されるので、説明の必要はないですね。

視覚障害者の方で、スクリーンリーダを使用されていれば、
[Shift]キーを離したときに範囲選択された文字列を読み上げます。

95READER系は離した直後から読み上げますが、
PC-TALKER系はもう1度[Shift]キーを押して、離す必要があるようです。

  • ここでの表記方法ですが、例えば、
  • [Shift] + [Ctrl] + [End]、とは
  • [Shift]キーを押しながら、[Ctrl]キーも押し、最後に[End]キーを
    ポンッと押す事です。

ちなみに、

  • [Ctrl] + [Home] は文字カーソルを文頭へ、
  • [Ctrl] + [End] は文字カーソルを文末へジャンプさせる
    ショートカットキーです。
範囲選択されている状態の時の注意です。
この状態で、文字キーを押すと、範囲選択されていた範囲が削除され、
押した文字に置き換わってしまいます。

でも、あわてる必要はありませんよ。
元に戻す: [Ctrl] + [z] を行えば、元に戻ります。

あぁ、よかった!

範囲選択の解除は、
[Esc]キーか、[カーソル]キーを押してください。

今回説明しました、[Ctrl]キーとの組み合わせに使用したキーは
キーボードの左下に偏っています。
だから、覚えるのも簡単ですね。

では、色々と試みてください。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional